FX取引の仕組みとは

fx取引の仕組みとは

FX(外国為替証拠金取引)取引を始めるにあたって、
FXがどういう仕組みで利益を得る金融商品なのかを
理解しておく必要があります。

 

まず基本としては、
外国の通貨を売るか買うかによって、
利益を出すという仕組みになっています。

 

どうして利益が出るのかというと、

 

各国の通貨の価値(価格)が、
為替市場ではつねに変動しているためです。

 

たとえばさっきまでは100円の価値だった通貨が、
別の時間では110円になっていることがあるというわけです。

 

このように、特定の通貨が安いときに
その通貨を「買って」、
その通貨が安くなったときに「売る」ことで
利益を出すのがFXの基本システムとなっています。

 

このように見ればかなり単純で分かりやすい仕組みですが、
基本の仕組み以外にも理解すべきことがたくさんあります。

 

「FX取引だからこそのメリット」
投資商品はたくさんあるのに、
ここ数年FX取引が人気な理由とはなんなのでしょうか。

 

まず一つ、他の投資と比べて
「少ない資金で大きな取引ができる」という点があります。

 

FXの仕組みであれば、
取引を始める段階での資金が少なくても、
レバレッジをかけることで大小さまざまな規模の取引ができます。

 

また最近は多くのFX会社が
少額からの取引を扱っており、
初心者でも手軽に始められるようになているのも大きな要因ですね。

 

それにアベノミクス!